金継ぎ。

f0310900_20522030.jpg


塗り師、田代淳さんの金継ぎ教室に参加してます。
本漆による、金継ぎは時間がかかります。
ゆっくりゆっくり。

漆と砥の粉と水を混ぜ合わせた、錆漆を少しずつ塗り重ねていきます。
色々な行程が、この先あります。
すぐに、結果は出ない。
それが、金継ぎにはまる理由だと思う。


f0310900_20523321.jpg


金継ぎを覚えると、器と物と、そして人と長く、深く付き合う喜びを感じる。
完成が楽しみ。すこしずつ、すこしずつ。




[PR]
by 17444432 | 2014-11-21 21:17 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inayoshi17.exblog.jp/tb/23319370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冬支度。 器を見に行く。 >>