カテゴリ:日常( 107 )

「少年・H」

f0310900_20055705.jpg

「少年・H」

遠く長い旅に出た友人を思って。
今、どこにいるのかな。

2018・1・14













[PR]
by 17444432 | 2018-01-14 20:12 | 日常 | Trackback | Comments(0)

石ころ。

f0310900_20000874.jpg

「富士山のめがね。」


2018・1・11











[PR]
by 17444432 | 2018-01-11 20:11 | 日常 | Trackback | Comments(0)

2018年

f0310900_20121500.jpg
2018年が始まりましたね。

今年もボチボチ、やって行きます。
小さな喜びがたくさん見つかるように、祈っています。

稲吉善光


2018・1・9






















[PR]
by 17444432 | 2018-01-09 20:29 | 日常 | Trackback | Comments(0)

土を練る。

f0310900_20473431.jpg

師走。
愛知から持ち帰った土を、連日練っている。
効率などという生産性を考えたら、今の時代には合ってないと思う。
でも楽しい。

それでも、以前と比べて練る力が減りつつある。
生まれて半世紀、それは自然な事でもある。
身体の可動域が狭まって行くのも然り。
一番身近な自然である身体のことだから、それには抗いはしない。

ここでふと思う。
精神的な可動域はどうなんだ?

平野啓一郎がラジオで言ってた。
「人は分人で構成されている。」
その感覚は、自分にあてはめても心当たりがあるからよくわかる。

ならば、僕の中に二人の分人を作ろう。
一人はこのまま歳を重ねる分人、もう一人は反転して歳を減らす分人。
二人の精神的な可動域がどうなるのか、実験です。

そして、いつか寿命が訪れた日。
老人と青年はどこかで出会い、抱擁し合うのかな。
そんな事を思いながら、土の塊を抱く。



2017・12・17


















[PR]
by 17444432 | 2017-12-17 21:47 | 日常 | Trackback | Comments(0)

12月の青空。

f0310900_20532315.jpg

12月になりました。
我が家は古い作りなので、冬の寒さがこたえます。
いつからか、青いシートを壁に巻くようになりました。

晩秋の曇り空。
壁には青空が流れています。
冬支度を少しずつ。



2017・12・1









[PR]
by 17444432 | 2017-12-01 21:26 | 日常 | Trackback | Comments(0)

雑記。

f0310900_20151574.jpg
墨手釉の平皿です。
焼き上がった器に心奪われたら、恋の始まりだと思っています。
触れてみたいのです、ただ単に。



2017・10・27















[PR]
by 17444432 | 2017-10-27 20:27 | 日常 | Trackback | Comments(4)

雑記。

f0310900_21101873.jpg

台風が通り過ぎて、窯焚きです。
その前に焼き上げた、鉄釉のうつわ。

新たな土で轆轤を回し、その後の働きかけもリズムを変えました。
誰が持っても重いです。

森の気配に擬態すること。
うつわと僕。



2017・10・23













[PR]
by 17444432 | 2017-10-23 21:31 | 日常 | Trackback | Comments(0)

雑記。

f0310900_20145730.jpg

鉄釉の片口が焼けた。
手元に残そうと思った。


2017・10・12









[PR]
by 17444432 | 2017-10-12 20:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)

雑記。


f0310900_20555680.jpg




十月に入り、肌寒い日が続く。
扇風機をかたずける事もしないで、ストーブを引っぱり出した。
山の中の古家は、まぁこんなものだろう。

さあ、窯焚きだ。
鉄釉の釉薬、二種類を数回に分けてかける。
それゆえ、時間がかかる。
それも、自分が作った仕事。

そんなうつわを待っていてくれる人がいる。
それが、僕の支え。
アウトリガーという心の形。


2017・10・5











[PR]
by 17444432 | 2017-10-05 21:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)

雑記。

f0310900_20474878.jpg

小岩井クラフト市を終えて、遠野に行きました。
穏やかな盆地です。

ひっそりと静まりかえっている。
だからこそ、濃密な生を感じました。

f0310900_20480469.jpg

盛岡で手に入れた、グラスとカップ。
グラスはメキシコ産、カップはイラン産です。

かろうじて原型をとどめている、その何もない事が僕には魅力です。
出自は無価値で、魅了される時間の尊さ。
それが、生きている証。

微かな爪痕を残すこと。
そんな仕事がしたい。


2017・9・26


























[PR]
by 17444432 | 2017-09-26 21:24 | 日常 | Trackback | Comments(0)