カテゴリ:日常( 95 )

珈琲の時間。

f0310900_21161951.jpg

珈琲の時間ですよ〜!
おかみさ〜ん!
豆はブラジルです。


2016・7・16










[PR]
by 17444432 | 2016-07-16 21:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)

はい、チーズ!

f0310900_20352554.jpg

午後、ぼぉ〜としていたら
めがねを乗せていた。

墨手かたくち氏、少々緊張してます。
リラックス、リラックス。
「はい、チーズ!」


2016・7・15










[PR]
by 17444432 | 2016-07-15 20:47 | 日常 | Trackback | Comments(0)

一休み。

f0310900_21181703.jpg


珈琲を飲もうと、湯を沸かす。
冷凍してある豆を、ミルにいれてガリゴリと細かくする。

誰に教わった訳でもないが、何となく自分がしつらえた儀式のようになる。
豆の細かさ。
お湯の温度。
豆を蒸らす時間。

こどもが玩具と戯れるように、お湯を落としてゆく。

くるくるくるくる。
ふわふわふわ。

くるくるくるくる。
ふわふわふわ。

僕が手にしている物は、道具から解放された玩具たち。
さて、どのうつわで飲もうか?

あそびをせんとやうまれけむ?
きょうはこれにしよう。



2016・7・6










[PR]
by 17444432 | 2016-07-06 21:52 | 日常 | Trackback | Comments(0)

自分の手。

f0310900_19320862.jpg

じぶんのて。
ほとけのて。
あかごのて。

てとてとてとて。
てをつないで。

くるくるくるくる。
めがまわる。

あかごがほとけで
じぶんがあかごで
ほとけがあかご。

てとてとてとて。
てをつないで。

ふわふわふわふわ。
そらをとぶ。

てとてとてとてと。
てをつないで。
またあした。




2016・7・3












[PR]
by 17444432 | 2016-07-03 20:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)

朝日。

f0310900_21135718.jpg


めしわんをあさひにあててみた。
ありんこがあそびにきた。
ひかりをあびためしわんがきれいだった。

つちからいまうまれたのか、これからつちにかえるのか?
であいのじかんであり、わかれのじかんだった。




2016・6・4











[PR]
by 17444432 | 2016-06-04 21:31 | 日常 | Trackback | Comments(0)

小荷物。

f0310900_20180324.jpg


母から荷物が届いた。
箱の中にはたくさんの山菜が入っていた。
安心しきった保冷剤は、すっかり眠ってる。


2016・5・17








[PR]
by 17444432 | 2016-05-17 20:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)

つぶやき


みずみずしさとはなんだろう
そんなことをかんがえていると
こころのそこがしっとりとぬれている


2016・5・11















[PR]
by 17444432 | 2016-05-11 21:12 | 日常 | Trackback | Comments(0)

ちっぽけだけど。

f0310900_21235148.jpg



ちっぽけだけど。

うつわとうつわがかさなりあう。
ひととひとがかさなりあう。
そしてひととうつわがかさなりあう。

ときにうれしくて。
ときにせつなくて。

ちっぽけだけど。
ちっぽけなにちじょうだけど。
あいうえお。


2016・4・20














[PR]
by 17444432 | 2016-04-20 22:08 | 日常 | Trackback | Comments(0)

2月20日。

f0310900_20205879.jpg

来月の展示会に向けて、工房にこもる日々。

そして、一日の終わりに。

読みながら、眠る。
眠りながら、読む。

そして、一日の始まりに。
happy birthday !
悦びに満ちた年でありますように。


2016・2・20







[PR]
by 17444432 | 2016-02-20 20:51 | 日常 | Trackback | Comments(0)

父と息子。

f0310900_20232098.jpg


先日、父が白内障の手術をした。

以前から、物が見づらくなったと話していた。
術後、どんな具合か気になって電話をかける。

受話器の向こうから聞こえる、高揚した父の声。
物がよく見えて、快適らしい。
「二十歳の時、手術して以来だから、久しぶりだな。」

父は、自分の人生を語る人ではない。
だから、父がどんな人生を歩いて来たのか、ほとんど知らない。
そんな父の口から、二十歳に手術をして入院した事実を聞いて、
二十歳の父と、今の父が線で繋がった。

彼の険しい人生の稜線を、一瞬、雲間から見る事が出来た。
滲んだインクの文字を読むように、その稜線を歩いてみたい。



2016・2・16












[PR]
by 17444432 | 2016-02-15 21:11 | 日常 | Trackback | Comments(0)