<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅雨の晴れ間。

f0310900_20374707.jpg

梅雨の晴れ間。
いくつかの展示会を見に、東京に出る。

秋葉原〜西荻窪〜目白〜六本木〜お茶の水〜秋葉原。
方向音痴であるため、道順の予習を前夜にした。
しかし、お茶の水は行く事が出来なかった。

それぞれの場所で作り手に会い、話をする。
作り手がいる事で、その空間がより濃密なものとなる。

決して器用に生きている人達ではなくて、どこかしこに綻びがある。
デコとボコ。
足りない回路を、優れたセンスがバイパスとして代替する、そんな人達です。

僕はその人達の背中を追いかける。
人は、自分の背中の姿を、その美しい生の姿を見た事が無い。

そんな魅力的な背中を追いかける僕自身、自分の背中を見た事が無い。
人の背中と、僕の背中。

美は乱調にあり。
そして、背中にあり。

2015・6・23









[PR]
by 17444432 | 2015-06-23 21:22 | 日常 | Trackback | Comments(0)

6月のある日。

f0310900_20453867.jpg


「トライ・ギャラリーおちゃのみず」の展示会が終わった。

今回の展示会は、貴重な経験になりました。
日本の陶芸が置かれている、流通経済の現状が一つ。
そして、自分が作る焼き物の、客観的な魅力についてが一つ。
その二つの今起きてる事を、考えるきっかけになりました。

中国や台湾の人が日本の焼き物を買って行く。
友人の展示会に行った時に、台湾から初日に買い付けに来て、
僕が行った時には、作品がなかったという経験があって、
友人と現状について話した事があったが、自分にもそんな事が起きるとは思わなかった。

そして、今回のメインテーマ。
「成長するということ。」

趣味ではなく、仕事として焼き物をしている以上、より多くの人が見に来てくれる作り手なる。
これは、結果論です。
でも、そのためには「僕自身が作り手として、成長すること。」これにつきるのです。

10年後、20年後、そして自分がこの世にいなくなった後の事よりも、
「今」の自分を柔軟に感じ、臆面もなくさらけ出す。
「野うさぎの走り」のような自由さ、柔軟さ、軽快さ、それがすべてだと感じます。

人は成長しなくても、正しく生きていけます。
それでも、少しでも成長したいと思う事が原動力となり、危うくても生を繋ぐ事が出来る。
それも、真実だと思うのです。

展示会の慌ただしさの中、知らぬ間にトマトの苗が大きく空に向かって、成長していました。

「大きくなあれ。」

2015・6・13













[PR]
by 17444432 | 2015-06-13 21:47 | 日常 | Trackback | Comments(0)

6月の東京。そして筑波。

f0310900_01445733.jpg


「トライギャラリー・おちゃのみず」での個展が始まりました。
はじめて東京で個展をしたのも、この場所です。

無名の作り手に、光をあてる。
2011年・震災後に東京のこの場所に、連れ出してもらいました。



f0310900_01372522.jpg

花器がならびます。

窯出しの時、この花器を見る事が出来て、嬉しかったです。
しっかりとした量感があり、みずみずしくもありました。

「どこへ?」かは、わかりません。
でも、「どこかに」辿り着いた気がします。

山道にあるマーキングされた道標を頼りに、歩いて来たわけではなく、
自分のイメージを求めて、歩くしかないわけですから。
これからも、その続きが待っています。




f0310900_07064817.jpg



筑波にある「manufact jam」での企画展です。

6名の作り手が、花器などを持ち寄りました。
しっとりした空間で、明かりがとても柔らかいです。












[PR]
by 17444432 | 2015-06-07 10:34 | Trackback | Comments(0)

6月のある日。

f0310900_20102352.jpg

稲吉善光 陶展

2015年6月5日(金)〜6月11日(木)  12:00〜19:00  

会期中無休 *7日(日)〜17:00

@トライギャラリー おちゃのみず  tel : 03-3291-5811 Url : www.labline.tv/tri/




f0310900_20104330.jpg


「風待ちの花」 花器と創花 展

2015・6・6(土)ー6・21(日)  定休日:火・水曜日

@manufact jam 生活用品製作・販売   http://manufact-jam.com

OPEN 12:00−18:00   tel : 029−855−7694




f0310900_20110462.jpg



窯焚きをしている。
無性にアイスが食べたくて、いちごアイスを冷凍庫から取り出す。

普段は面取りという、焼き物技法は使わないが、なぜか奇麗に面取りをして食べている。

「はてな?」

情けない自分を受けとめてくれる、何でもない「土のかたまり」。
それが、自分が作る器だと思う。

そして、僕のアウトリガーだと感じる。
多分、そうだと想う。












[PR]
by 17444432 | 2015-06-02 20:50 | Trackback | Comments(0)