山桜。

f0310900_21425234.jpg
仕事場から見える所に、山桜がある。
いつの間にか大きくなって、知らぬ間に満開になる。

近所の図書館に寄ったら、先輩の作り手の企画展が行われていた。
「散るさくら、残るさくらも散るさくら。」
立て看板に、良寛の俳句が記してあった。

言葉は、彫刻。
知らぬ間に、桜が散っていた。




2018・4・8









[PR]
by 17444432 | 2018-04-08 21:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inayoshi17.exblog.jp/tb/29707997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 陶器市。 サッカー観戦。 >>